自分で慰謝料請求する際の注意事項とよくある失敗

配偶者が既婚者であることを知らなかったと言い逃れされてしまう、証拠が足りない状況で交渉を開始してしまい肉体関係はなかったと言い逃れされてしまう(交渉を開始した後では追加の証拠を獲得することは難しい)、慰謝料を払うお金がないと開き直られてしまう、というのがよくある失敗です。

たしかに、現状の証拠で戦わざるを得ず、結局、上記の理由で逃げられてしまう可能性もあります。しかし、もう少し慎重に準備をして、相手への反論を予想し、それへの対抗策を準備しておけば逃れられずに請求できるケースというのも存在します。

ネット上の情報のうち弁護士が記載したものではものの中には間違った情報も見受けられます。ネット上の情報だけを仕入れて交渉を開始してしまっては、思わぬ落とし穴が待ち受けているかもしれません。

 

 

オンライン面談に対応

 

電話での無料相談予約はこちら

 

慰謝料の解決事例

この記事の執筆者

弁護士山口恭平

あい法律事務所

弁護士

山口 恭平(Yamaguchi Kyohei)

取扱分野

家事案件(離婚・男女問題、相続)

経歴

法政大学法律学科卒業後、早稲田大学大学院法務研究科に進学。卒業後、平成26年に弁護士登録。同年のぞみ総合法律事務所入所。平成29年にあい法律事務所入所。平成30年同事務所にてパートナー就任し現在に至る。