夫婦関係は破綻していると言われて不倫関係になってしまい、相手の配偶者から慰謝料請求されています。慰謝料を減額するにはどうすればいいのでしょうか?

夫婦関係は破綻していると信じたことについて過失がなければ、あなたが慰謝料を負担する義務はありません。

信じたことに過失がないといえるかどうかは事情によりますので、その見極めは弁護士にしてもらいましょう。

仮に、気付くべきだったといえる場合でも、慰謝料額を減額する理由にはなりえます。

 

 

オンライン面談に対応

 

電話での無料相談予約はこちら

 

慰謝料の解決事例

この記事の執筆者

弁護士山口恭平

あい法律事務所

弁護士

山口 恭平(Yamaguchi Kyohei)

取扱分野

家事案件(離婚・男女問題、相続)

経歴

法政大学法律学科卒業後、早稲田大学大学院法務研究科に進学。卒業後、平成26年に弁護士登録。同年のぞみ総合法律事務所入所。平成29年にあい法律事務所入所。平成30年同事務所にてパートナー就任し現在に至る。