200万円の不貞慰謝料を請求されていた案件で60万円の支払いで和解した事例(協議)

依頼者と相手方について

依頼者 性別(女性) 年齢(30代) 職業 サービス業 

相手方 性別(女性) 年齢(40代) 職業 主婦

 

ご依頼の背景

相手方から夫と不貞行為を働いたとして200万円の請求をされ、今後どうなるのか不安で相談に来られました。

解決のポイント

相談者様の不安に一つずつ丁寧にお答えし、最終的には、相手方ともよく話し合い、相手方の意を汲んだ謝罪文を差し入れることで、60万円の支払いをもって解決することができました。

精神的な苦痛を慰謝する手段は、「金銭の支払いだけではない」ということの1例ではないかと思います。

 

 

オンライン面談に対応

 

電話での無料相談予約はこちら

 

慰謝料の解決事例

この記事の執筆者

弁護士山口恭平

あい法律事務所

弁護士

山口 恭平(Yamaguchi Kyohei)

取扱分野

家事案件(離婚・男女問題、相続)

経歴

法政大学法律学科卒業後、早稲田大学大学院法務研究科に進学。卒業後、平成26年に弁護士登録。同年のぞみ総合法律事務所入所。平成29年にあい法律事務所入所。平成30年同事務所にてパートナー就任し現在に至る。